© 2017 by general incorporated association BLUE BIRD 

当サイトで掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい

PROFILE

幼少期より、「命」「宇宙」「考える力」に興味を持つ。

大阪府立岸和田高校(美術部)・和歌山大学教育学部(国語専攻)卒業。

小学校教師を経て、星が美しい南米パラグアイのイグアス日本語学校で日本語教師(JICA国際協力機構)を3年。

その時に出会ったのが現地のハープ【アルパ】の強く優しい音色。

・帰国後すぐに、教育講演やコンサートを始める

・和歌山放送 情報番組レギュラー3年

・学校心理士として、小・中学校のカウンセリング室にハープを置き10年

・2011年より絵画の個展(絵と音楽の融合)開催

・現在、「平和・人権・教育・国際理解」などをテーマとして全国各地で「ハープ講演」

 アルパ講演は、個人も社会も地球も、すべてが幸せになることを目指し、真剣な優しさと暖かな強さを送り続けます。

素敵な未来を創造しましょう。

 アルパのルーツは狩猟時代の弓矢。ビュっと矢が放たれる時の“命を命につなぐ音”が楽器になりました。命を有難くいただく敬虔な思いが込められた音は、強くて優しいのです。

古来より神とつながる時、そこには音楽がありました。

また、人生の中で嬉しい時も悲しい時も人は互いを大切に

思い合う、その傍らに音楽があります。アルパの音色は

【人と人は、生かし合うことが大事である】と

心・体・頭・魂に伝え、共鳴を促します。

 お話の内容は、海外生活・教育現場・地域や家族間での

実体験、カウンセリングや創作活動で得た感動や閃きです。

朗読や絵などを交えてある部分はテンポよくある部分は

ゆっくりとお話を進め、命の根源にたどり着くエネルギーを高めます。共に感じて考えながら脳を活性させて、

「発見」「納得」「感謝」「成長」です。

アルパのチカラ 言葉の力

〜強くやさしく響き合おう〜

心・感じる  

体・震える  

頭・考える  

魂・閃く 

Profile Sachiyo Uenoyama

著書・CD

・エッセイ「セルフセラピーな心」

・絵 本 「アンダルシアのつばさ屋さん」

・CD   「未来への記憶Ⅱ」

メディア出演

和歌山放送ラジオ 情報番組レギュラー

朝日放送ラジオ  「おはようパーソナリティ道上洋三です」

関西テレビ 「よ〜いドン!」